ソフトバンク光は公式キャンペーンでもキャッシュバック適用があります

ソフトバンク光乗り換え新規でキャッシュバック、割引きキャンペーン

ソフトバンク光(SoftBank光)が行っている公式キャンペーンの1つに、他社のインターネット回線を利用している方がソフトバンク光に乗り換えた際に、キャッシュバックをしますというキャンペーンがあります。

 

キャッシュバックの額は最大24,000円です。

 

最大24,000円という風な表記がされているのは、ソフトバンク光の利用を開始する際にかかる工事費によってキャッシュバックの金額が変わるキャンペーンだからです。

 

回線工事費にかかる金額が24,000円の場合がその金額ぶんがキャッシュバックされるという仕組みです。

 

仮に開通のための工事費が9,600円か2,000円の場合は、10,000円ぶんのキャッシュバックがされる仕組みになっています。

 

ですから、キャッシュバックの金額は自宅の状況によって異なるという事ですね。

 

また、他社回線を利用していると言っても、「フレッツ光」から乗り換えをする場合は、このキャンペーンは適用外になるので注意して下さい。

 

なぜなら、フレッツ光もソフトバンク光ももともとは同じ回線を利用しているからで、フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えに工事は不要なのです。

 

ちなみにフレッツ光とは、NTT東日本とNTT西日本が提供している光ブロードバンドサービスの総称です。

 

キャッシュバックキャンペーン適用までの流れは?

 

では、乗り換え新規でキャッシュバック、割引きキャンペーンで、現金をキャッシュバックして貰うまでの流れを紹介します。

 

これには少し時間がかかります。

 

具体的には、

  1. ソフトバンク光の申込み
  2. 使用・課金開始(申し込みから3か月以内)
  3. 専用WEBページから証明書のアップロードか、証明書貼り付けシートの郵送(課金開始月から5か月目の末まで)
  4. 普通為替受け取り、または月額利用料割引(課金開始から6か月目)

という手順となります。

 

つまり、ソフトバンク光を申し込み、課金が開始されて6か月目になって初めて郵便為替でキャッシュバックを受け取れるという事ですね。

 

半年以上先になりますから、忘れた頃にキャッシュバックがされるので要注意です。

 

半年先ではなく、2か月後に現金をキャッシュバックされたいという場合は、やはりソフトバンク光の公式代理店が展開しているキャッシュバックキャンペーンを利用する事をおすすめします。

 

当サイトでも紹介している人気のソフトバンク代理店のキャンペーンを利用すると、電話口での簡単な確認だけで、2か月後にご自身の銀行口座に現金をキャッシュバックして貰えます。

 

専用WEBページから証明書のアップロードをする手続きを忘れてしまうとキャッシュバックを受け取る権利を喪失してしまいますから、その点もご注意下さい。

 

他社のインターネット回線と途中で解約して違約金はかからないの?

 

他社のインターネット回線を途中で解約してソフトバンク光へ乗り換えるという場合、多くの場合、その他社回線での違約金が発生するでしょう。

 

その場合、違約金すべてをソフトバンクが負担してて全額キャッシュバックしてくれるという別のキャンペーンもあるので安心して下さい。

 

ソフトバンクあんしん乗り換えキャンペーンとは?

 

新たソフトバンク光(SoftBank光)に申し込んだ方で、他社の固定ブロードバンド回線や他社のモバイルブロードバンド回線を早期解約した際にかかる、違約金と撤去工事費を満額還元して貰えるというキャンペーンです。

 

これは非常に助かりますし、お得ですよね。

 

他社の回線を解約するのに解約金や違約金がかかるのでは、ソフトバンク光に乗り換えるのにも躊躇してしまいますが、満額がキャッシュバックされるのなら問題ありませんね!

 

様々なキャンペーンをしっかりと活用して、ソフトバンク光に申し込みましょう。