ソフトバンク光の2種類のキャッシュバックと、その受け取り条件

ソフトバンク光キャッシュバック条件

ソフトバンク光には現金をキャッシュバックして貰える各種キャンペーンがあります。

 

ですがこれには注意が必要で、受け取るための「条件」が実はあるというケースが多いです。

 

「数万円キャッシュバックくるはずだったのに受け取れない!」

 

「いつまでたっても口座にお金が振り込まれない!」

 

「受け取りのための条件があるなんて知らなかった!」

 

なんていう事にならないためにも、キャッシュバックを受け取るためのソフトバンク光の条件について事前によく確認しておきましょう。

 

ソフトバンク光のキャッシュバック条件は2つに分けて考える

 

まず最初に、混同しないように整理しましょう!

 

ソフトバンク光のキャッシュバックには2種類のキャッシュバックがあります。

 

それは、「ソフトバンク公式からのキャッシュバック」と、「ソフトバンク光の代理店からのキャッシュバック」です。

 

当然、代理店からソフトバンク光を申し込みをしていない方は片方のキャッシュバックのみしか受け取る事ができないので、ここでは後者のキャッシュバックキャンペーンは関係ありません。

 

ちなみに、2か所からのキャッシュバックを受け取る方がもちろんお得なわけですから、確実に代理店の方から申し込む事をおすすめします。

 

代理店から申し込むと一体どれくらいの金額を得するのか?詳しくはこちらをご確認下さい。

 

ソフトバンク光キャッシュバック※これ知らないと10万円損です>>

 

ソフトバンク公式のキャッシュバック条件について

 

ソフトバンク光を申し込む際、新規契約をする方と、他社からの乗り換えや転用をする方に分かれると思います。

 

このうち、“他社のインターネット回線からソフトバンク光へ乗り換える場合”に注意が必要で、キャッシュバックを受け取るために条件が加わってきます。

 

それがどのような条件なのかというと、他社のインターネット回線を使用していたという証明書をソフトバンクに提出する必要があるという条件です。

 

具体的には、auひかり、ビッグローブ光、フレッツ光などをそれまで使用していたとして、それらの他社回線会社から送られてきていた請求書をソフトバンクへ提出しないといけないわけですね!

 

そしてまた、請求書を提出する際も、提出期間にも制限があって、ソフトバンク光の課金開始月の1〜5か月目の間に提出しないといけないという決まりがあるのです。

 

ですから、これらの条件を知らずにスルーしてしまうと、キャッシュバックを受け取れずに数万円ぶん損してしまう事になります。

 

証明書の提出方法などの詳細は下記のページで説明しますので、こちらからソフトバンク光公式のキャッシュバック条件について確認するようにして下さい。

 

期日までに証明書を提出しないとキャッシュバックが受け取れなくなります>>

 

ソフトバンク光代理店のキャッシュバック条件

 

もう1つが、ソフトバンクを代理店で申し込んだ際に、代理店からの現金キャッシュバックに関する条件についてです。

 

正直、ソフトバンク光公式よりも、この代理店のキャッシュバックの方が複雑で厄介です。

 

キャッシュバック条件に関しては代理店によって全く異なりますから、申し込んだ代理店のホームページや書類などで確認する以外にありません。

 

しかしここで間違いなく1つ言える事は、キャッシュバック条件が厳しい代理店を選んでしまうと、本当にキャッシュバックを受け取るまでの手続きが煩雑になってしまい、下手すると受け取れない可能性も高まってしまうという事です。

 

なぜそのような事が起こるかというと、簡単に言ってしまえば代理店が意図的にキャッシュバックが受け取りづらい条件を設定しているからです。

 

ですから、しっかりとキャッシュバックを受け取るためにも、手続きがシンプルで分かりやすい、良心的な代理店を選んでソフトバンク光を申し込む事が非常に重要なのです。

 

ソフトバンク光のキャッシュバックや良心的なおすすめ代理店に関しては下記のページにまとめていますのでご確認下さい。

 

ソフトバンク光の良心的な代理店の見分け方>>